忍者ブログ
[96] [95] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86] [85
Posted by - 2017.03.28,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by エスシー - 2014.08.13,Wed
青春18きっぷを使って旅行に行ってきた。
5泊6日。
出発前には色々とアクシデントもあったんだけど、
なんとか無事に旅を終えることができた。


1日目
東京→大阪

2時寝4時起きで5時45分東京駅待ち合わせから旅は始まった。

とりあえず、東京駅は待ち合わせには適さない。
知ってたけどこの駅で待ち合わせるしかなかった。



16時くらいに大阪に到着。
チェックインして荷物を置いて噂の日本橋へ。



とりあえず関西人怖いわwwwww

エスカレーターの歩く人と立つ人の位置が逆だったし、
大阪はなんだか別世界に来たような感じがしたwww

ちなみに岡山とか名古屋も東京と同じだった気がしたんだが、
まさか大阪だけ…?






すごいラブライブ推しのゲーセン?を発見。
しかも当日穂乃果誕ということですごい盛り上がってた。
東京ではこういうの見ない気がする。





でかい(確信)



道頓堀に行くつもりはなかったんだけど、
乗り換えで降りたので、せっかくなのでということで寄り道してみる。





ぶっちゃけ今まで
グwリwコwネwオwンwwwwwww
とか思ってたけど思ったより綺麗だった。






2日目
大阪→広島→岡山

大阪のホテルをチェックアウトしてすぐに広島へ移動。



厳島神社。





鹿がかわいい。
メスの方がなんか立ち振舞が美しいと感じた。

しかし途中で大雨になってしまい、なんだか消化不良。


広島を出て岡山へ。

当初の予定に岡山はなかったんだけど、関西になるべく接近しておきたかったから、
それで行き過ぎると時間が遅くなってしまうということで岡山になった。


岡山駅を降りてみると、町並みが綺麗でびっくりした。
もっとこう、何もない場所をイメージしていた。

道路も広くて、なんか札幌にも似てる。
まぁ写真は撮ってないんですけどね(






3日目
岡山→京都→愛知


前日に岡山に着いたのは既に日が暮れた後だったので、
明るいうちに辺りを見渡すと、また色々な発見がある。

岡山、桃太郎の町。
橋の横に佇むブロンズ像はサルだったりキジだったりするし、
道路のポールは鬼の金棒を模していたり…

今後もし桃太郎が注目されることがあれば観光地として賑わうかもしれないな。


そしてせっかくなので岡山城を見に行く。
とはいえ城には全然興味がないのであまり感動もせず。

さっさと京都に移動することにしよう。




京都駅に到着。

伏見稲荷駅は京都駅からかなり近い。

伏見稲荷駅に来てみれば、駅構内にすでに狐がいる。
駅全体が鳥居の赤に彩られ、駅がすでに独特の雰囲気を醸し出している。




伏見稲荷の有名な千本鳥居。





PCの入った鞄とスーツケースを装備した状態で山の中腹まで登ったけど、けっこう辛かった。
そもそもスーツケースって階段を登るのに適してないし。

一番上まで行きたかったけど、
やむを得ず、左の頂上まで行かないルートに変更した。

山頂アタックに思った以上に時間がかかったので、三十三間堂をカットして名古屋へ。

名古屋の街を車内で楽しみにしていたのも束の間、
雷雨の影響で電車が止まったしまった。


JR縛りで、しかも土地勘のない俺たちは振り替えの路線を使うこともできず、
結局名古屋に着いたのは23時頃だった。

名古屋の友人に色々おすすめの食べ物を教えてもらったはいいが、
こんな時間ではどこもやっていない。

その辺のチェーン店(と言っても関東にはない店だが)で済ませ、
ジョジョバーなる場所へ。








カクテル「グリーンデイ」を注文した。
さわやかな感じのものを想定していたのだが、まさかのミルク系。
雰囲気だけ楽しんですぐに帰る予定だったが、ミルク系1杯というのは面白くないので、
追加で「山吹き色の波紋疾走」を注文。こっちはさわやかであった。
「セックス・ピストルズ」と「スティッキー・フィンガーズ」はもしまた行く機会があれば注文してみたい。






4日目
愛知





Zzz...




...!!


寝坊した…(´△`)

ちなみに旅の道連れは俺以上に起きれない(起きる気がない)人なので、
俺が起きなければ起きなかった分だけ出発が遅れるのである。

仕方ない。昨日名古屋あまり見れなかったし、今日は1日名古屋に滞在しよう。

しかし、名古屋の観光地を調べたが何もない。

実は名古屋、「二度と訪れたくない都市」で栄光の1位を獲得しているらしい。
俺はゲーセンに1日いても良かったんだが、友人は流石に嫌だというので、
名古屋城でも行くか…という流れに。


はい、名古屋城。




例によって特に何も感じなかった。
姫路城は美しいと聞くので、次城を見に行くなら姫路城だな。


城を見ていると、再び雨が…。

傘とかホテルに置いてきてるんだが…(´△`)


しかし、そんな心配をしている場合ではなかった。



ゴロゴロ…



「雷…近い…ッ!?」



カミナーリ イイ!!   (⌒~
 ⊂(・∀・)彡 (⌒⌒⌒)
⌒⌒~ ∪ ⌒~~⌒
~~~/ /~~~~~
   \\
   //
   \\
  ,;人ノ <人ノレ;,
  ,;)    (;,
 ,;)  ∧∧  (;
 ,;)ヽ(O皿O)ノ (ギャー
  ;;)  羊ヘ (;
  ;;) <  (;;
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

ものすごい音がした。
スタジオやライブハウスで爆音にはそれなりに耐性がある方だが、
それでも相当大きい音だった。

近いwwwww
これ100m圏内に落ちたんじゃ…?


なんとかホテルのある名古屋駅まで帰ってきたはいいも、
特にやることがないのでゲーセンへ。






5日目
愛知→静岡


愛知から伊豆の方へ移動。


ホテルには基本的に温泉が付属するので、どうしても割高に。

しかし探していると神のような旅館を発見する。






なんと1泊4000円を下回る。


この日は温泉を満喫して明日に備えた。






6日目
静岡→東京

特筆すべきこともなく、
普通にチェックアウトして普通に目的地に到着。


堂ヶ島。
ムービーアイランド。

「伊豆の松島」と形容される美しい風景。

実は元々松島の方に行きたかったので、
ちょうどいいと思って無理やり行き先に組み込んだ場所。


洞窟を遊覧船で中から眺めることができる。

…はずだったのだが、
あいにく波が激しくて当日は欠航。


しかし、景色の美しさに変わりはない。



波が激しく飛び気をつけないとびしょ濡れになりそうだ。






わたし。
柵がないので断崖絶壁、かなりスリリング。



台風が近付いているということもあり、
あまり長居して巻き込まれるのも嫌なので、ひと通り堪能するとさっさと東京へ。





終始悪天候に頭を抱えた旅だった。

でかい画用紙も持っていたのだが、結局1枚も描けなかった。
車内クロッキーとかはちょこちょこ描いてたけど。

やはり、絵を描く旅なら絵を描く旅として計画しないと、なかなか時間も取れない。


次回は出雲方面には確定で行きたいな。
しかし島根は遠い。だいぶルートを縛られることになるだろうな。

あと伏見稲荷も改めて山頂アタックを仕掛けたいところ。

さらに、名古屋にもオタクの聖地があるという情報を旅から帰ってきてから聞いたので、
そこには行っておかねばと思っている。
もし名古屋に行くならセックス・ピストルズとスティッキー・フィンガーズを頼みたい。
PR
Comments
無題
初めまして。大阪のエスカレーターの立ち位置は 大阪万国博覧会の際の外国人の影響で 海外仕様となっております。

だから 日本仕様とは 逆なのです。
Posted by NONAME - 2014.08.16,Sat 02:52:34 / Edit
Re:無題
はじめまして、お越しいただきありがとうございます(・∀・)
なるほどなるほど、万博の影響だったんですねぇ。
東西で分かれているのかと思いきや、
大阪より西の岡山などではまた逆に戻っているので不思議でしたw
Posted by エスシー - 2014.08.16,Sat 11:25:23 / Edit
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
バナー
リンクフリーです。
リンク先はhttp://setsugekka.take-uma.net/にどうぞ。
相互リンクも募集中です。




遊戯王 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村
ランキング参加中。
良かったらクリックお願いします!
管理人のプロフィール
名前:エスシー
年齢:20くらい

留学生として北京の大学に通ってます。
趣味は絵を描くことと、音楽を聴くこと、歌うこと、ギターを弾くこと。遊戯王とかポケモンとかもやってます。
好きなものは挙げていったらキリがなくなるので割愛。
友達少ないので気軽に話しかけてね!
pixiv
最新コメント
[08/16 エスシー]
[08/16 NONAME]
[09/04 エスシー]
[08/27 佐々木]
[08/16 エスシー]
最新トラックバック
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]