忍者ブログ
[100] [99] [98] [97] [96] [95] [93] [92] [91] [90] [89
Posted by - 2017.01.19,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by エスシー - 2014.10.07,Tue
数字が飛んでいるのは仕様です。
ⅡとⅢは特に面白いこともなかったので割愛した。
せいぜいわたしが川に落下したくらいでした()


最終日。
前日もオールド建築物を巡っただけであまり面白いものではなかったので、テンションゲージも下がっていた。
しかもあいにくの雨。
気の乗らないままバスへ乗り込む一行。


バスは山道をあり得ない速度で駆け登る。
辺りはすごい霧で崖の下は全く見えない。


幸い無事に車で行ける最高地点まで到達し、バスから降r



寒いwwwwwwwwww



我々は特に何も通達されていないので、
半袖半ズボンの人までいる中、恐らく気温は10度前後。
おまけに雨と風。

少なからずの人が北京に帰りたいと思っていたことだろう。



景色も見えずにただ雨の中を薄着で登り続けるだけの作業が始まったのである。



本来ならきっと素晴らしい絶景が拝めるはずなのに、濃霧のせいで15m先すら見えない。


周りからは次第に不満の声が漏れ始める。

その道はどこまで続いているのかわからず、聞こえてくるのは風の音だけ、
HGSSのシロガネ山を彷彿とさせた。


そう考えると景色が見えなくてもなかなか悪くはない。
今まで霧の中の登山の経験もなかったし。

わたしは不満の声を押し退けた。
この景色を楽しめればそれでいいじゃないか。


ということで、
例によって本来見えるはずだった景色を画像検索で引っ張ってきた。




一瞬霧が薄くなった時に似たような景色が見えたりはしたんだが、
やっぱり時期は考えて見に行きたい場所である。



早朝から4時間ほどかけて目的地に到着し、
山の中にあるレストランで食事を済ませ、
下山し宿についたのは日も傾き始めた頃だった。







夜。

【コミュニティ】の面々は我々の部屋に集合する。
最後の夜なのだが、相変わらず楽しいことがない。


「おい、なんかしようぜ」

「トランプ買ってきたよ」

「お、トランプか」

「女子がいないとやりたくない」

「…」

「おい(わたし)、トランプやろうぜ」

「いいけど…何やるんだい?」



~ルール~
カードをプレイヤーに均等に分ける。
プレイヤーは順番にカードを場に置いていく。
その際、「1」「2」「3」…[13]「1」…と順番に数字を宣言する。
置いたカードのナンバーと宣言した数字が一致したら、
プレイヤーたちはそのカードに手を置く。
最後に手を置いたプレイヤーは場のカードが自分のものになる。
また、手持ちのカードが0になってから3巡は上がりにならず、
ナンバーと数字が一致したら手を置かなければならない。



「それ男だけでやるゲームじゃないだろ…」

「くっそ、じゃあどうすれば…!」



そしてKTVがついに部屋に帰る。

過酷だった登山を終えて少しはじけたい気分なのだが、今日も何のイベントもなしか…



そう思って私もテトリスオンラインを始めた時…




女集団が部屋に入ってきた!!


学校旅行行事の定番キター!!!(゜∀゜)


【女集団】
ネコミミ女
ネコミミのフードをかぶっていたことから去年我々日本人に付けられた通称。韓国人だが中国暮らしが長く、発音もネイティブに近い。ポケモントレーナー。デザイン科

???
元カノに似てる謎の少女。
微かにSっ気を帯びているところも似ている。デザイン科

モブ1
絶滅したと思われていた台湾人の生き残り。地味に日本語ができる。
以前おすすめのアニメを聞かれてラブライブを布教したことがある。造形学科

モブ2
メガネ装備。
顔は悪くなかったと思うんだが印象に残っていない。学科不明




…扱いの差は突っ込んではいけない。


KTVというあだ名は俺が彼の真似をしたときにKTVの発言を引用したことに由来しているんだが、
いつの間にか彼女らにもKTVのあだ名が浸透していて笑った。


そして上のゲームは男4女4という黄金比率で幕を開けた。

ルール聞いた時はしょうもな!って思ったけど、
今思えばなんて素晴らしいゲームなんでしょう…!


まぁそれでも所詮は駆け引き等のゲーム性もないのでみんな1回で満足してしまい、
次は定番、ババ抜き。

やっぱりババ抜きは世界共通なのね。


中学も高校も、修学旅行なんかだと男女間の部屋移動が禁止されてたから、
こういうイベントはとても貴重だ。


そして決闘者である以上パーフェクトなポーカーフェイス、
全力で勝負に向かう。

負けたのはモブ1。
別の部屋でゲームをしていると思われるKTVにイタ電をするというなんとも学生らしい罰ゲームだ。

2回戦。

「カード配るの遅ww」

「わたしが配るよ」
決闘者並みのシャッフル、
高校時代の昼休み大富豪で鍛えた高速配布を披露。


「綺麗に混ざりすぎて手札めっちゃ多い~」

「私8枚もあるんだけど!」

微笑ましい光景である。
みんな10代なんだぜ…
羨ましいかロリコンどもめ!(゜∀゜)

失われた青春を取り返せた気がした。
今年は交通事故に気をつけよう。



俺のマイミクは以前は学生8割社会人2割だったのに、
今では学生はほとんどいない。
同い年の人たちも就活に追われている。

学生でいられることのありがたさを享受しなければ。
そう感じるのであった。


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
バナー
リンクフリーです。
リンク先はhttp://setsugekka.take-uma.net/にどうぞ。
相互リンクも募集中です。




遊戯王 ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村
ランキング参加中。
良かったらクリックお願いします!
管理人のプロフィール
名前:エスシー
年齢:20くらい

留学生として北京の大学に通ってます。
趣味は絵を描くことと、音楽を聴くこと、歌うこと、ギターを弾くこと。遊戯王とかポケモンとかもやってます。
好きなものは挙げていったらキリがなくなるので割愛。
友達少ないので気軽に話しかけてね!
pixiv
最新コメント
[08/16 エスシー]
[08/16 NONAME]
[09/04 エスシー]
[08/27 佐々木]
[08/16 エスシー]
最新トラックバック
ブログ内検索
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]